糖尿病の合併症その1

糖尿病は、初期の段階では特に自覚できるような症状も見られませんが、治
療を受けずにどんどん経過してしまうと、やがて、いろいろな合併症が起こ
ります。最悪なケースでは、そのために死亡する方もいらっしゃるようです。
また、死亡にはいたらないにしろ、普通の生活ができなくなったり、社会活
動ができなくなったりする方もいらっしゃいます。ですから、糖尿病を甘く
見ず、きちんと、治療を受けることが大事なのです。
きちんと、治療をしていれば、悪化せずに、合併症も起こらないで済む方も
多いですし、合併症が出たとしても、それが悪化せずに済みます。
糖尿病の中で、一番、恐ろしい合併症と言えば、糖尿病性昏睡です。高血糖
の状態が続くと、昏睡状態に陥る場合がありますが、これは、1 型糖尿病の
方ですと、インスリンの量を急激に減らした際や、中止した際に起こります。
1 型糖尿病の方は、インスリンが分泌されにくいので、インスリン治療を受
けている方が多いですが、そのインスリンの量は、血糖値の変化などを見て、
医師がそれぞれに合った量を指示しています。
このインスリンの量を、自分で勝手に減らしたり、勝手な判断で、中止した
り、そうなると、当然、血糖値が高くなります。 また、2 型糖尿病の方で

は、病気が進行してしまい、インスリンが出なくなったり、インスリンの働
きが悪くなったりした際に、糖尿病性昏睡が起こります。
糖尿病の合併症

糖尿病の合併症その2

2 型の糖尿患者であっても、病状が進んでしまうと、インスリンの分泌量が
減ることがあります。また、体がインスリンへの抵抗性を持ってしまって、
抵抗性が高くなることで、血糖も高くなるケースがあります。
体内のこのようなインスリン不足状態に加え、風邪などの病気をしたり、暴
飲暴食をしたり、ストレスがたまったりして、血糖が著しく高くなると、意
識を失います。これが糖尿病性昏睡です。
人間は、風邪を引いたり、ストレスが与えられたりすると、それらに対抗す
るため、エネルギーが必要となります。エネルギーが必要になった体は、肝
臓を働かせて、糖を作って、血糖値を上げようとします。こうして、血糖値
が高くなり、元気になろうとしているのです。
これは、もともと体が持っている、自分で自分を治療しようとする自然な反
応です。糖尿病を治療中で、インスリンが足りない状況であっても、血糖は
上がろうとしています。ですから、糖尿病の方では、糖がどんどん溜まって
いく高血糖の事態に陥るのです。インスリンが発見されてから、意識を失う
という、この合併症は激減しています。
糖尿病性昏睡が減ってきた代わりに増えてきた合併症が、血管合併症です。

この病気は、比較的、大きな動脈に対して起こる、みなさんもよくご存知の
病気の動脈硬化と、細い動脈に起こる、細小血管症があります。
血管病変は、目の病気になって出てきたり、心臓病になったり、高血圧にな
ったり、腎症になったりします。神経障害や、皮膚病なども糖尿病の合併症です。
糖尿病の合併症

糖尿病の合併症その3

特に目の病気は、糖尿病が長く続いた患者さんに多く起こっています。私の
知り合いでも、糖尿病を長く治療中の方がいますが、最終的には、目がかな
り悪くなってきました。
年齢のせいもあるでしょうが、今はほとんど目が見えていないようで、生活
にとても困っている様子です。目の治療も出来ず、視力が著しく低下したま
ま、日常生活をしています。
このように、糖尿病は、症状が進むと目に、いろいろな影響が出てきますが、
網膜症や、白内障などが合併症としていちばん多いものです。網膜症は、網
膜の細い血管の中に、小さなコブが出来てしまったり、出血が起きたりして、
視力が著しく悪くなる病気です。
糖尿病の治療で、この網膜症を防ぐためには、正しい治療を受けることはも
ちろんですが、細小血管の病変を変化させてしまうような要素があるほかの
病気、例えば、高血圧などもちゃんと治療することが大切です。
心臓病の中で、糖尿病と最も関係のあるものは、冠状動脈硬化です。この動
脈硬化があると、狭心症、また、心筋梗塞が起きやすくなります。日本人は、
もともと高血圧の方が多いですが、糖尿病になってしまうと、通常よりも高

血圧が起きやすい体になります。
ですから、動脈硬化に高血圧が合わさると、脳卒中が起きやすくなります。
そして、糖尿病を治療している方が、脳卒中になってしまうケースにおきま
しては、ほとんどが脳出血ではなく、脳血栓なのです。
脳血栓は、脳梗塞、また、脳軟化症があげられます。
糖尿病の合併症

糖尿病の合併症その4

命に関わる大きな病気を、糖尿病が引き起こすのですから、やはり、糖尿病
を軽く考えず、治療はきちんと受けるべきでしょう。
糖尿病は腎臓の病気も引き起こします。糖尿病患者の方のうち、20 パーセ
ントの方が、たんぱく尿が出るそうです。たんぱく尿が出るということは、
糖尿病患者においては、腎臓に異常があると考えます。
糖尿病によって、腎臓に病変を起こしていた病気として、糖尿病性腎症、ま
た、ネフローゼ症候群などがあげられます。そして、糖尿病に特有な腎臓の
病気としては、糖尿病性糸球体硬化症があり、症状は浮腫や、たんぱく尿、
高血圧などです。
また、糖尿病の合併症で神経障害もあります。30 パーセント異常の方が神
経痛を訴えたり、手足のしびれ、ピリピリ感、また、感触が鈍ったり、足の
裏がほてったりするようです。
このように、糖尿病で神経の障害が発生したものを、糖尿病性神経障害と呼
んでいます。
ほかにも、糖尿病を放置しておけば、合併症として、肺結核や、皮膚病にも
かかりやすくなります。湿疹、またずれ、掻痒症、おできなどの皮膚病です。

それから、脂肪肝や、胆嚢炎、耳下腺の腫腸、また、歯槽膿漏、性欲の減退
などの症状も出るようです。糖尿病だと診断された方は、糖尿病がそれだけ
で終わらずに、他の疾患を引き起こさないよう、きちんと治療を続けて行き
たいものです。
場合によっては、日常生活が不自由になるばかりでなく、最悪、死亡してし
まう方もいますので、そう考えると糖尿病は軽く見てはいけない病気なので
す。
糖尿病の合併症

糖尿病の方のための運動

糖尿病の方にとって軽い運動を続けることは大切です。運動すると、カロリ
ーを消費して、血糖を下げる効果があります。年配者でも気軽に行える糖尿
病患者のエクササイズをご紹介したいと思います。
安全に行えるよに、イスに座ったまま、運動を行う方法ですが、筋肉も鍛え
られますので、糖の取り込みを良く、脂肪を減らしてくれます。このエクサ
サイズを続ければ、血糖コントロールが良くなり糖尿病の治療となるでしょ
う。
まずは、深呼吸です。イスに深く座って、脚は肩幅に開いてください。
鼻から息をゆっくり吸い、おなかに一度、空気をためます。そして、口から
ゆっくりと吐きましょう。この呼吸をマスターするまで数回行ってください。
呼吸方法をこのまま続けて、エクササイズをします。
身近なものでタオルを使って運動してみましょう。肩幅に手を開き、手でタ
オルの両端を握ってください。ひざ上から、タオルを目の高さまでゆっくり
と持ち上げましょう。これによって、肩、腕の筋肉を鍛えられます。
目の高さで保って、ゆっくり下げます。呼吸を保ちながら、これを20 回、
行います。

次に、頭の上まで上げてみましょう。これによって、背中の筋肉も鍛えるこ
とが出来ます。次に、腰をひねりながら、手を伸ばしましょう。体を正面に
戻す際は、手を縮めることで、腹筋を鍛えられます。
このように、軽いエクササイズであっても、筋肉に刺激と負担を与え、筋ト
レにも繋がっていますので、毎日、行ってみてください。糖尿病を治療中の
方は、食事療法と一緒に続けてみましょう。
糖尿病の合併症

おすすめサイト

ミドリムシナチュラルリッチ効果・口コミ。ミドリムシナチュラルリッチの写真と飲んだ感想・口コミなどまとめました(^^)他のユーグレナサプリメントと大きく違う点は、有胞子性乳酸菌が入っているところだと思います。更に、オリゴ糖まで入っていてお腹の調子も整てくれる感じです。その他の59種類の栄養素を配合している点などは同じです。他のデザインと比べて可愛いデザインです。

乳酸菌革命を飲んだ効果。乳酸菌革命は、高純度の乳酸菌を配合したカプセルです。ただ、一言で乳酸菌といっても、その種類って実はたくさんあります。ビフィズス菌やヤクルト菌などが有名ですが、それ以外にもかなり多くの乳酸菌が存在します。乳酸菌革命には、その中でも便秘解消の効果が高い次の3種類の乳酸菌を配合しているのです。

マナラのホットクレンジングゲル使った口コミです!今までで最高のメイク落としかも?毛穴すっきり、お肌ツルツル♪私は断然オススメです!マナラホットクレンジングゲルが引き続きやばいです!!!化粧品の仕事している友達からノルマで商品勧められたけど私の肌の状態が良すぎてなんだかんだ効能成分説明されても「ごめんね〜今使ってるスキンケアが良すぎて他を使う気ないんだ〜」「今使ってるので、肌の調子がすごく良くて、気に入ってるから変えられないや」と肌が実証してくれて無駄買いが防げています。