糖尿病と音響免疫療法その3

糖尿病を治療中の方も、すでに目が見えづらくなっている方もいらっしゃい
ますが、目の障害は、とても不自由なものです。これらは、糖尿病によって、
血液がドロドロの状態になり、毛細血管障害が招いた網膜症です。
糖尿病が進むと、眼底出血も起こり、失明を招く危険性もあります。糖尿病
によって、血糖値が高くなってしまったドロドロの血液が、眼の中の細い血
管にダメージを与えます。
そして、それらの血管が傷つけられ、破れて、出血を起こし、毛細血管瘤が
できますので、その出血した部分が見えづらくなるのです。もちろん、糖尿
病の治療では、これらの症状に対して、薬を使って、眼の出血を抑えます。
そうすると、一時的に回復はしますが、瘢痕は残っているため、また、だん
だんと視力が失われてきます。この病状を繰り返せば、やがて、網膜剥離で
失明してしまいます。
ですから、中華医学によって、血液を温め、流れを良くして、毛細血管の中
を流れているドロドロの血液を、さらさらした状態に変えることは、糖尿病
を患っている方にとって、とても大切なことなのです。
血液を温める、この音響免疫療法は、言ってみれば自己治癒力で網膜症を治

すということですね。「薬を使わずに糖尿病を治してしまう」ということは、
最初、聞いたときは驚く方も多いでしょうが。
音響効果がどのように体に作用し、血液がどのように改善されるのか、それ
がおわかりになったら納得できる方も多いと思います。
糖尿病と音響免疫療法その3